TN-1G

[icon]

What's New!

2020/01/10 v3.2.3をリリースしました。

概要

TN-1Gはシンプルなギター専用チューナーです。
下記のチューニングに対応しています。
レギュラーチューニング, 半音下げ, 1音下げ, 1音半下げ, ドロップD, DドロップD(半音下げ), ダブルドロップD, ドロップG, ドロップ-C, ドロップ-C&G, ドロップ-C#, ドロップ-C(別パターン), ドロップ-B, ドロップ-A#, ドロップ-A, オープンD, オープンE, オープンE7, オープンDm, オープンEm7, オープンDmaj7, オープンDadd9, オープンEm, オープンG, オープンA, オープンA(別パターン), オープンGm, オープンAm, オープンAm7, オープンG7, オープンGmaj7, G6, DADGAD, オープンC, C6, オープンF, F6, DADEAD, DGDGAD, Taro Patch, G Wahine, Leonard's C, C Major(Atta's C), Keola's C, Mauna Loa, Old Mauna Loa, Dmaj7 Wahine, F Wahine, Double Slack F, Modal G(Gsus), オープンC, オープンC#, オープンCm, C Spanish, Perfect 4th

基準ピッチ(A/ラ)を、438〜445Hzで変更できます。

各弦の音程の音叉の機能があります。
音を出すには、音叉の画像をタップしてください。再度タップすることで停止します。

    リリース履歴

    2020/01/10 v3.2.3

    軽微な不具合の修正を行いました。
    2019/12/03 v3.2.2
    iOS13に関連する修正を行いました。
    2019/09/16 v3.2.1
    軽微な不具合の修正を行いました。
    2019/07/19 v3.2.0
    オートモードのパフォーマンスの改善を行いました。
    2019/04/04 v3.1.5
    利用しているライブラリを更新しました。
    2018/12/12 v3.1.4
    アプリ起動時の問題を修正しました。
    2018/11/21 v3.1.3
    軽微な不具合の修正を行いました。
    2018/10/01 v3.1.2
    利用しているライブラリを最新に更新しました。
    軽微な不具合の修正を行いました。
    2018/09/24 v3.1.1
    画面レイアウトを修正しました。
    2018/08/24 v3.1.0
    チューニングメニューの並び替えができるようになりました。
    2018/07/13 v3.0.0
    パフォーマンスの改善を行いました。
    2018/02/02 v2.9.1
    ネイティブ広告の配信停止に伴い、広告バナーを修正しました。
    2017/10/23 v2.9.0
    iOS11に関連する修正を行いました。
    軽微な不具合の修正を行いました。
    2017/09/25 v2.8.2
    軽微な不具合の修正を行いました。
    ライブラリの更新を行いました。
    2017/08/29 v2.8.1
    アプリのサイズを小さくしました。
    2017/08/19 v2.8.0
    簡単な説明動画を追加しました。
    2017/06/23 v2.7.0
    ウェルカム・チュートリアルを追加しました。
    2017/05/24 v2.6.6
    ドロップD(半音下げ)を追加しました。
    2017/05/17 v2.6.5
    軽微な不具合を修正しました。
    2017/05/04 v2.6.4
    画像パーツの修正を行いました。
    2017/04/20 v2.6.3
    試用機能を改善しました。
    2017/03/11 v2.6.2
    試用機能において、動画再生後の待ち時間がなくなりました。
    ライブラリの更新を行いました。
    2017/01/05 v2.6.1
    画像パーツの修正を行いました。
    2016/12/21 v2.6.0
    標準ピッチとチューニングセットの設定をスライドメニューに移動しました。
    2016/09/24 v2.5.3
    iOS10に関連する修正を行いました。
    2016/09/10 v2.5.2
    情報ウインドウの表示に関する不具合を修正しました。
    2016/08/20 v2.5.1
    画像パーツの修正を行いました。
    2016/06/10 v2.5.0
    セントメーターを追加しました。
    2016/05/19 v2.4.1
    ライブラリの更新を行いました。
    2016/04/24 v2.4.0
    画像パーツの修正を行いました。
    2016/03/15 v2.3.3
    画面遷移時の不具合を修正しました。
    2016/03/10 v2.3.2
    ライブラリの更新を行いました。
    2016/02/16 v2.3.1
    文言の修正を行いました。
    イタリア語にローカライズしました。
    ドイツ語にローカライズしました。
    2016/01/08 v2.3.0
    広告の削除および制限された機能を、試用できるようになりました。
    文言の修正を行いました。
    スペイン語にローカライズしました。
    2015/12/01 v2.2.1
    文言の修正を行いました。
    インドネシア語にローカライズしました。
    2015/11/08 v2.2.0
    ドラムマシンのリズムパターンデータを、同じiPhone上のTN-1B,TN-DR,Maelz DX Proと共有できるようになりました。
    2015/10/10 v2.1.0
    ドラムマシン機能を追加しました。
    弦の機能を廃止しました。
    2015/09/26 v2.0.4
    iOS9に関連した修正を行いました。
    2015/08/14 v2.0.3
    iPad用のレイアウトを修正しました。
    2015/06/27 v2.0.2
    画像パーツの修正を行いました。
    2015/05/21 v2.0.1
    チューニングセットに、DADEAD, DGDGADを追加しました。
    2015/04/24 v2.0.0
    画像パーツの変更を行いました。
    設定画面のレイアウトを変更しました。
    2015/03/08 v1.9.9
    レイアウトの変更を行いました。
    2015/02/20 v1.9.8
    音量の表示を追加しました。
    2015/01/16 v1.9.7
    チューニングセットに、ドロップ-C#, ドロップ-B, ドロップ-A#, ドロップ-Aを追加しました。
    2014/12/03 v1.9.6
    音の生成に関する不具合を修正しました。
    2014/11/25 v1.9.5
    広告の削除(アプリ内課金)機能が追加されました。
    2014/11/12 v1.9.4
    画像パーツの変更と、不具合の修正を行いました。
    2014/10/01 v1.9.3
    既知の不具合(BUG-TG-0002)を修正しました。
    2014/09/19 v1.9.2
    設定画面のフォントサイズを変更しました。
    2014/08/24 v1.9.1
    画像パーツの修正を行いました。
    2014/08/21 v1.9.0
    各弦の音を再生することができるようになりました。
    2014/07/20 v1.8.0
    「写真」の中の画像を、壁紙に指定できるようになりました。
    2014/04/26 v1.7.0
    メイン画面の背景が、変更できるようになりました。
    2014/04/08 v1.6.4
    チューニングセットに、Modal G(Gsus), オープンC, オープンC#, オープンCm, C Spanish, Perfect 4thを追加しました。
    2014/02/17 v1.6.3
    チューニングセットに、Leonard's C, C Major(Atta's C), Keola's C, Mauna Loa, Old Mauna Loa, Dmaj7 Wahine, F Wahine, Double Slack Fを追加しました。
    マニュアルモード時の、ターゲット周波数の表示方法を変更しました。
    画像パーツの修正を行いました。
    2014/02/03 v1.6.2
    チューニングセットに、オープンC, C6, オープンF, F6, Taro Patch, G Wahineを追加しました。
    2014/01/20 v1.5.2
    チューニングセットに、ドロップ-C, ドロップ-C&G, ドロップ-C(別パターン), オープンE7, オープンEm7, オープンDmaj7, オープンDadd9, オープンA(別パターン), オープンG7, オープンGmaj7を追加しました。
    2014/01/02 v1.5.0
    Autoモード機能(1オクターブ上)を追加しました。
    Manualモードにおいて、手をかざすことで弦選択を変更する機能を追加しました。
    2013/12/24 v1.3.2
    画面表示に関する不具合を修正しました。
    2013/12/20 v1.3.1
    Autoモード機能を追加しました。
    チューニングセットに、1&1/2 Steps Down, Drop-G, Open Dm, Open Em, Open Am, Open Am7を追加しました。
    2013/12/17 v1.2.2
    レイアウトの変更を行いました。
    チューニングセットに、Full Step Down, Double Drop-D, Open E, Open A, Open Gm, G6を追加しました。
    2013/12/10 v1.2.1
    既知の不具合(BUG-TG-0001)を修正しました。
    チューニングセットに、Open D, Open G, DADGADを追加しました。
    2013/12/05 v1.2.0
    基準ピッチの変更が出来るようになりました。
    2013/12/02 v1.1.0
    音叉のボリュームボタンを追加しました。
    2013/12/01 v1.0.0

    2019/12/03 v3.2.2
    iOS13に関連する修正を行いました。

    既知の不具合

    BUG-TG-0002: iOS8.0において、背景をアルバムから選択した後、画面上部に帯状の黒い非表示部分が現れる。

    修正版ver.1.9.3をリリースしました。
    BUG-TG-0001: 6弦の実音の音程検知が不安定。
    修正版ver.1.2.1をリリースしました。

使い方

FAQ

Q. メーターがギクシャクして、うまくチューニングできません。

A. ギターの音色や音程によって、メーターの動きが安定しないことがあります。AutoモードをOffにして、12フレットのハーモニクスを使用すると改善されることがあります。

Q. 「マイクが使用できません」のメッセージが出て、メーターが動きません。

[no mic]

A. TN-1Gは、音程を解析するのにマイクの機能を使用します。マイク機能はプライバシー保護のため、ユーザーの許可が必要です。一旦、TN-1Gを終了して、設定アイコン内の[プライバシー]-[マイク]で、TN-1Gを有効にしてください。

[menu settings]
[arrow]
[menu privacy]
[arrow]
[menu microphone]
[arrow]
[menu tn1g]

Q. 「近接センサーで弦選択を変更する」のスイッチが使えません。

A. この機能は、近接センサーを備えていない端末(iPod touchなど)では使用不可になります。

Q. 「近接センサーで弦選択を変更する」の機能を使うとき、画面が真っ暗に消えます。

A. 近接センサーの仕様上このようになっています。正常な動きですので、ご了承ください。

Q. 写真ボタンをタップしても、「写真にアクセスできません」のメッセージが出て、「写真」が開きません。

[no photos]

A. プライバシー保護のため、「写真」にアクセスするにはユーザーの許可が必要です。一旦、TN-1Gを終了して、設定アイコン内の[プライバシー]-[写真]で、TN-1Gを有効にしてください。

[menu settings]
[arrow]
[menu privacy]
[arrow]
[menu photos]
[arrow]
[menu photos tn1g]

Q. 以前「広告の削除」を購入しましたが、TN-1Gを削除したあと再インストールしたら、また広告が表示されるようになってしまいました。

A. 購入画面で、「購入済み」ボタンを押してリストアして下さい。もちろん、料金はかかりません。

Q. 「広告の削除」を購入済みですが、リストアしようとして「購入」ボタンを押してしまいました。また料金がかかってしまうのですか?

A. 料金はかかりません。「広告の削除」は、非消費型のアプリ内課金ですので、同じユーザが複数購入することはできない仕組みになっています。

Q. ドラムマシンの音が、アプリを閉じると停止してしまいます。

A. 申し訳ございません。このアプリではバックグラウンド再生には対応しておりません。姉妹アプリのTN-DRまたはMaelz DX Proでは、バックグラウンド再生ができますのでご利用ください。作成したリズムパターンのデータはそちらのアプリとも共有できます。「他のアプリとデータを共有する」をご参照ください。

プライバシーポリシー

このプライバシーポリシーは、お使いのアプリケーションの使用に関するものです。
このアプリケーションはあなたの個人情報やデバイスに関する情報を一切、収集、保存もしくは共有いたしません。統計や傾向といった情報の収集や、デバイス上でのあなたの行動の追跡も行いません。
このアプリケーションではURLを開く行為を許可しています。開かれたURLはインターネットブラウザによって保存される可能性があります。
ブラウザによる情報の保存に関しては、お使いのブラウザのプライバシーポリシーを参照してください。
また、このアプリケーションではAdMob, Amazon Mobile Ads および MoPub による広告の表示を行っています。これらの広告におけるプライバシーポリシーは、Googleによるプライバシーポリシー、Amazon.comによるAmazon Privacy Notice(英文)、MoPubによるMoPub Privacy Policy(英文)をご参照ください。

お客様へ

ダウンロードしていただき、誠にありがとうございます。
このアプリの良いところや残念な点を、AppStoreで評価していただけたら幸いです。
また、今後の品質向上のため、不具合等ございましたら、メールアドレス info@blowbend.jp にご一報ください。
なお、およせいただいたご意見等に必ずしもお答えできない場合がございます。あしからずご了承ください。

© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

TN-1Gを使ったチューニング方法

1. まず設定を確認しましょう。

画面中央の情報窓を見てください。
基準ピッチが「A440」、チューニングセットが「標準チューニング」になっているでしょうか。

[info window]

もし基準ピッチが違う時は、ここで変更します。
[set ref pitch]

もしチューニングセットが違う時は、ここで変更します。
[set tuning set]


2. Autoモードはマニュアル(オレンジ色)にします。
[auto button manual]
OFFになっていないときは、何度かタップするとOFFになります。


3. 一番左のボタンをタップして、6弦を選択します。
[select 6th]


4. ほかの弦が鳴らないように気をつけながら、ギターの6弦(一番太い弦)を弾いてください。


5. そしてメーターを確認します。

[meter too low]
ギターの音が目標の音程より、低すぎます。針が0を指すまで、ゆっくりとペグを巻き上げます。

[meter low]
すこし低いです。針が0を指すまで、ゆっくりとペグを巻き上げます。

[meter too high]
高すぎます。いったん、針が0より左に来るまで、ペグを緩めてください。そしてもう一度、ペグを巻き上げながら、針を左方向から0の位置にあわせます。

[meter high]
すこし高いです。いったん、針が0より左に来るまで、ペグを緩めてください。そしてもう一度、ペグを巻き上げながら、針を左方向から0の位置にあわせます。

「ポイント」
ギターの音が目標の音程より高いとき(0を通り過ぎて右にいってしまったとき)は、いったん、弦を緩めて、目標の音程より低くしてから、「巻き上げながら0に合わす」ようにします。こうすることで、弦が緩みにくくなって、音が若干狂いにくくなります。
[loose and wind up]



[meter in tune]
0を指しているので、音が合いました。

「注意」
TN-1Gは、目標となる音程のオクターブ上、オクターブ下の音程でも、針が0を指すように作成されています。このことから、ギターの音が「高すぎ」から、さらに高くなると、今度は「低すぎ」の表示になります。
このため、メータが「低すぎ」と表示されていても、無理に弦を巻き上げていくと、弦が切れてしまったりして大変危険です。ギター初心者の方は、チューニングになれた方にあわせてもらい、TN-1Gは微調整するために使用してください。


6. 上記3.〜5.と同様にして、5弦から1弦まで順番にあわせていきます。


7. 1弦まで合わせたら、6弦に戻って、もう一度、1弦まで確認してみてください。
[check again]
これを、すべての弦で、メーターの針が0を指すようになるまで、繰り返し行ってください。あなたのギターのネックの強度や、張ってある弦の太さ(ゲージ)によっては、何度も繰り返す必要があるかもしれません。


8. すべての弦で、メーターの針が0を指すようになったら、チューニング完了です。

ギターは、温度湿度などの影響を受けやすく、チューニングの狂いやすい楽器です。弾く前には必ずチューニングを行うようにしましょう。

© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

オリジナルの壁紙の設定方法

TN-1Gは、「写真」の中にある画像を選んで壁紙にすることができます。

1. 設定画面で、「画像の選択」のスイッチをオンにして、写真ボタンをタップします。

[my image on]


2. 「写真」が開きますので、お好きな写真を選びます。
[select image1]

[select image2]


3. 「選択」をタップします。
[select image3]


4. メイン画面にもどると、壁紙が変更されています。
[my image]


© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

リズムパターンを作成する

(1). 「リズムパターン一覧」を開いて、[編集]をタップします。

[pattern_cre01]

(2). 編集モードになりますので、適当な場所の緑色の[+]ボタンををタップします。

[pattern_cre02]

(3). 新しいリズムパターンが新規作成されます。

[pattern_cre03]

(4). [完了]をタップして、編集モードを終了します。

[pattern_cre04]

© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

リズムパターンを削除する

「注意」
削除したリズムパターンは、元に戻すことはできません。ご注意ください。

(1). 「リズムパターン一覧」を開いて、削除したいパターンを左にスワイプします

[pattern_del01]

(2). [削除]ボタンが現れますので、タップしてください。

© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

リズムパターンをAirDropでシェアする

AirDropは、近くにいるApple製デバイスを使用している人と、ワイヤレスでコンテンツを共有する仕組みです。
お互いにWi-FiとBluetoothを有効にする必要があります。
AirDropについての詳細は、AppleによるAirDropを使ってワイヤレスでコンテンツを共有するを参照して下さい。

この例では太郎さん(送信者)から、一郎さん(受信者)にリズムパターンを送信します。

(1). お互いのTN-1G(またはTN-1B)を最新バージョンにします。
(2). お互いのiPhoneのWi-FiとBluetoothが有効になっていることを確認します。

(3). お互いのiPhoneのAirDropを有効にします。
画面を下から上にスワイプして、コントロールセンターを開きます。

[shareairdrop01]
AirDropを有効にします。
[shareairdrop02]

(4). 送信者(太郎)のTN-1Gを起動して、送信したいリズムパターンを選んでおきます。
また、受信者(一郎)のiPhoneのスクリーンロックを解除して、ホーム画面を表示しておきます。

[shareairdrop03]

(5). 送信者(太郎)のシェアボタンをタップして、「AirDropでシェアする」を選びます。

[shareairdrop04]

(6). 受信者(一郎)のiPhoneが見つかると、アイコンが現れますので、タップします。

[shareairdrop05]

(7). 受信者(一郎)のiPhoneに、送信者(太郎)からのデータが来たことが通知されるので、「受け入れる」を選びます。

[shareairdrop06]

(8). 受け入れたデータを、どのアプリで開くか選択できますので、TN-1G(またはTN-1B)を選びます。

[shareairdrop07]

(9). TN-1G(またはTN-1B)が開き、データの取り込みに成功したメッセージが表示されます。

[shareairdrop08]

(10). 送信者(太郎)から受け取ったリズムパターンが、追加されました。

[shareairdrop09]

(11). セキュリティのため、お互いのiPhoneのAirDropを無効にしておくことを、おすすめします。

[shareairdrop10]

[補足]
上記(8)でエラーが表示されたときは、送信者、受信者双方のTN-1G(またはTN-1B)のバージョンが最新になっているか確認してみてください。

[import error]

© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

リズムパターンをEメールでシェアする

この例では太郎さん(送信者)から、一郎さん(受信者)にリズムパターンを送信します。

(1). お互いのTN-1G(またはTN-1B)を最新バージョンにします。
(2). 送信者(太郎)のTN-1Gを起動して、送信したいリズムパターンを選んでおきます。

[shareairdrop03]

(3). 送信者(太郎)のシェアボタンをタップして、「Eメールでシェアする」を選びます。

[shareemail01]

(4). 添付ファイルの付いたメールの作成画面が表示されますので、宛先(一郎)と件名を入力して、送信します。

[shareemail02]

(5). 受信者(一郎)のiPhoneに、送信者(太郎)のメールが届きます。

[shareemail03]

(6). 添付ファイルをロングタップ(長押し)します。

[shareemail04]

(7). 添付ファイルを開くアプリの選択ができるので、「TN-1Gで開く」を選びます。

[shareemail05]

(8). TN-1Gが開き、データの取り込みに成功したメッセージが表示されます。

[shareemail06]

(9). 送信者(太郎)からのリズムパターンが、追加されました。

[shareairdrop09]

[補足]
上記(8)でエラーが表示されたときは、受け取り側のTN-1G(またはTN-1B)のバージョンが最新になっているか確認してみてください。

[import error]

© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

他のアプリとデータを共有する

このアプリのリズムパターンのデータは、iPnone上の他のアプリ(TN-1B,DR,Maelz DX Pro)と共有エリアを使って、データとやりとりすることができます。
[share with other apps]
ここでは、TN-1GからTN-DRにデータを送ってみます。

TN-1Gで送りたいデータを開いて、シェアボタンをタップします。
[share with other apps01]

「他のアプリと共有する」を選択します。
[share with other apps02]

データが共有エリアに書き出されました。
[share with other apps03]

TN-1Gを閉じて、受け取り側のアプリ(TN-DR)を開いて、インポートボタンをタップします。
[share with other apps05]

共有エリアからデータがインポートされました。
[share with other apps06]
© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

メイン画面

[main screen]

(1). ピッチメーター:
中央の0がターゲットの音程になります。

(2). 音名情報:
チューニングセット名と、ターゲットになる音名と周波数を表示します。

(3). 各弦の選択ボタン:
左から、6,5,4,3,2,1弦です。
Autoモードの時には、検知した弦に対応するボタンが光る、インジケーターになります。

(4). Autoモードボタン:

[auto button off]
Offモード: メータが停止します。

[auto button manual]
Manualモード: 弦の指定を手動(選択ボタンをタップ)で行います。

[auto button on]
Autoモード: 弦の指定を自動で行います。
12フレットのハーモニクスは使用できませんので、ご注意ください。

[auto button on 8va]
Autoモード(1オクターブ上): 弦の指定を自動で行います。
12フレットのハーモニクスで使用します。

(5). 音叉:
ここをタップすることで、音を出したり止めたりします。
音叉の音量は、機種や、音程によってばらつきがあります。
このボリュームは見かけ上ひとつしかありませんが、各弦ごとに独立しておりますので、各弦が適度な音量になるように調整して使用してください。

(6). 設定ボタン:
設定画面に遷移します。

(7). 一覧ボタン:
リズムパターン一覧画面に遷移します。

(8). ヘルプボタン:
ブラウザを起動して、このページを表示します。

(9).セントメーター:
音程をセント単位で表示します。1目盛りが1セントです(1セントは、半音の100分の1です)。
オクターブチューニングの調整をする時などに便利です。

[cwnt gauge]

(10). メニューボタン:
チューニングセット一覧メニューを開きます。



[main screen02]

(11). 基準ピッチ:
基音A(ラ)のピッチを設定します。

(12). チューニングセット一覧:

© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

設定

[settings screen]

(1). TN-1Gの使い方:
ウェルカム・チュートリアルや使い方の動画を見ることができます。

(2). 背景:
メイン画面の背景(壁紙)を変更します。

(3). 壁紙にオリジナルの画像を使用する:
「写真」の中から選んだ画像を壁紙にセットします。

(4). 写真ボタン:
「写真」を開いて、壁紙に設定する画像を選ぶことができます。

(5). 音名表記:
音名の表記言語が変更できます。
アメリカ・イギリス式表記(C, C#, D, E… , B)
イタリア式表記(Do, Do#, Re, Mi… , Si)
ドイツ式表記(C, Cis, D, E… , H)
フランス式表記(Ut, Ut#, Ré, Mi… , Si)
中国式表記(C, 升C, D, E… , B)

(6). 近接センサーで弦選択を変更する:
Manualモードでは、対象の弦を選択ボタンを押すことで切り替えますが、このスイッチをONにすると、端末に手を近づけることで右隣のボタン(高い方の弦)に移動することができます。

[touch]

[touch photo]
この機能は、端末の近接センサーを使用しております。近接センサーは端末の受話口付近にありますので、指先で受話口を軽くふさぐように近づけると機能します。

[check again]


なお、この機能は、近接センサーを備えていないiPod touchなどでは使用できません。ご了承ください。

(7). チューニングセットの並び替え:
よく使うチューニングを、メニューの上の方に移動することができます。

(8). 広告の削除ボタン:
アプリ内課金による、「広告の削除」機能の購入が出来る画面を表示します。
広告が気になる方は、購入をご検討いただければ幸いです。

© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.

TN-1G

ドラムマシン

[drum machine screen]

(1). ビート:
「広告の削除」を購入いただくと表示されます。

(2). 名称:

(3). 拍子の選択:
1拍の拍子の数を指定します。

(4). テンポ(BPM):

(5). スタート/ストップボタン:

(6). ビートパターンの長さ:
ビートパターンの1周分の長さを、4〜32の間で変更できます。

(7). ビート:
拍子で選択された数ごとに進みます。

(8). 音のON/OFF指定(トラック):
上から、クローズドハイハット、ハーフクローズドハイハット、スネアドラム、バスドラムの順です。
ハーフクローズドハイハットのトラックは、「広告の削除」を購入いただくと変更できます。

(9). シェアボタン:
AirDropまたはメールに添付して、リズムパターンを送ることができます。
TN-1Gはもちろん、このデータはTN-1B(ベースチューナー)のドラムマシン機能と共通ですので、ベーシストの友人とシェアすることもできます。
操作方法は「AirDropでシェアする」「Eメールでシェアする」をご覧ください。

(10). 試用ボタン:

(11). テンポボタン:
テンポ(BPM)を変更できます。

© 2013 Blowbend.jp
All Rights Reserved.